ツメを切るタイミング

そろそろツメを切らんといかんな。
だいぶ伸びてきたからな。
嫁に言わせれば、伸びたら切ればいい。と言う。
違うんだな。いつでも切れるわけじゃないんだな。
言ってもわかってもらえないけど、ツメを切るタイミングは毎回決まっている。
2週間に一回、日曜の朝がベストなのだ。

1週間に一回だと、まだ早い。
10日〜12日くらいすると伸びたなって思うようになる。
そして待ってました、2週間後の日曜の朝のツメ切りタイム。
たいてい日曜は朝風呂。お風呂上がりのやわこくなったツメを1時間くらいおいてから切るのだ。

夜ツメを切ると、親の死に目に会えないって言うから、夜はツメを切らない。
ホントかどうかわかんないけど、夜はツメを切らないようにしている。
でも、風呂上がりにツメを切ると、ツメが柔らかくなって具合がいい。
風呂は夜だから、ツメは切れないことになる。
そこで、日曜の朝風呂となる。

それから、勝負事の前にツメを切っちゃいかん!って言われて昔は日曜は避けていた。
だって競馬があるからね。
最近は競馬もあまりやらないし、当たらないのはツメのせいでは無いことにようやく気がついた。
今は日曜がベストだけど、昔は信じてたんだね。

あと、ひとつだけ例外がある。
金曜日に切るパターン。
それは、土曜に山に登るとき、足のツメを切っておく。
今回の富士登山のように、帰ってきて足のツメがとれて無くなってることがあるからね。
あと、ツメのせいで足が痛くなるのを避けるのもある。

今週は山には行かないと思うから、日曜の朝までガマンかな。
手のツメは近いので見やすいけど、足のツメがだんだん見にくくなってきた。
歳のせいやね。
それでも、右足はまだ切りやすいけど、左足はちょっと大変。
お腹がジャマするんだな。

今年は、10月の7日(土)・8日(日)関市の本町通りで第50回目の刃物まつりがある。
久々に刃物まつりに出かけて、新しいツメ切りをゲットしてこよう。
なかなかお気に入りのツメ切りには出会えないからな。
いいのが見つかるといいな。